nikkatsu's note

オーディオオカルトbot@audiomasta_bot

SHARPのプラズマクラスターの空気清浄機はオーディオマニアなら必須。あれ使うと音良くなる。CD再生する前にCDを空気清浄機に当てると劇的に変わります。

出典 matome.naver.jp


オーディオ関連のメーカーにサエクコマース(SAEC)という会社があります。古い人間にとってはSAECと言えばトーンアームを思い浮かべるでしょうか。あ、「トーンアームって何?」と言われそうなので解説しておきますと、アナログプレーヤのターンテーブル(レコードを乗せて回転するやつ)の右側に、針(カートリッジ)が付いてるアームがありますよね? トーンアームというのはアレです。で、そのアナログプレーヤ自体が廃れてしまったいま、SAECの主力製品は、同社のサイトの製品情報を見る限りでは各種ケーブルのようです。

その製品情報のなかで一際目をひいたのが高音質HDMIケーブル SH-1010です。「高音質」HDMIケーブル? なんじゃらほい? 希望小売価格を見ると尋常ではありません。0.7mのHDMIケーブルが36,225円。私が家で使っているHDMIケーブルはその10数分の1のお値段です。まあ、オーディオの世界は、同機能(あくまで「同機能」、「同性能」とは言わないでおく)のケーブルでも、下は数100円から、上は下手すると数10万円まであったりする世界ですから、10数倍程度の値段差はどうってことないのかも知れません。

んが、このケーブルはHDMIケーブルなわけです。

「HDMIって確か音声も含めて完全にデジタル伝送だよなあ」

「高画質と言わず高音質? まあSAECはオーディオ系のメーカーだしなあ」

「デジタルデータが、ケーブルを流れる間にどうやって『高音質』だの『低音質』だのなるんだ?」

音質(画質も)が変化する理由として考えられるものとしたら、安いケーブルだとデータ伝送時に誤りが発生して、それの訂正が追いつかず適当に補完する場合でしょうか。あとは何か考えられるでしょうか? でも、そこらへんで売っている安物のHDMIケーブルだからといって、そんなに誤りが発生するんでしょうか? だとしたら認証を通って「HDMI」ロゴが付いている製品なのにお粗末のような気もします。

なんか、こういう製品が世間的に認められているとしたら、「高画質USBケーブル」だの「高音質LANケーブル」だのいうのもアリかな、と思ってしまうのですが。

デジタル伝送の世界だと「高品質のケーブルを使うと誤りが少なくなる」ということは言えるかもしれませんが、その誤りが許容範囲内だったら完璧に訂正されて、送信側が送ったデータが1ビットの違いも無しに受信側にとどくわけで、画質や音質がどうのこうの、という話にはならないような気がするのですが。まあ、「受信側で行う誤り訂正は重い処理なので、それが頻繁に動くと、受信側装置のアナログ回路に影響を及ぼして画質や音質が低下する」という理屈はつけられなくはありませんが……。

一方、アナログ伝送の世界だと、ケーブルによって音が違ってくることは無いとは言い切れません。とは言え、以前ある人の家で1メートル1万円のケーブルと10万円のスピーカケーブルを付け替えて聴かせてもらったことがありますが、私にはまったく違いがわかりませんでした ←私の耳が悪いだけ、という可能性もあります。

そういえばこんなことがありましたっけ。私がまだ学生のころ、友人が「このあいだ、スピーカケーブルを高いのに交換したら、めちゃくちゃよくなったよ。いままでのケーブルとはステレオ感がまったく違うんだ」というので友人宅におじゃまして聴かせてもらいました。

「な、ぜんぜん違うだろ?」

「……?」

「なんと言うか、この音の広がりというか、ステレオ感が前のケーブルとは雲泥の差だし」

「……?」

「しかし、ケーブル1本……あ、左右で2本か。それだけでこんなに違うとは思わなかったよ」

「……?」

「ん? どした? あまりの凄さにかんどうしたか?」

「……あのさ」

「ん? なんだ?」

「……ちょっと言っていい?」

「だからなんだ?」

「これってさあ、位相反対だろ? ケーブル繋ぎ間違えてるよ」

「なにそれ?」

「だからケーブルの赤と端子の赤をちゃんとつないでる?」

「そのはずだけど」

「ええと、ほら、やっぱりここ。ケーブルの赤と端子の黒をつないでる。ええと、正しく繋ぎなおして、と。ほら、これが正常な音」

「あれ? ステレオ感無くなっちゃったじゃない」

「いや、だからこれが正しいの」

出典 d.hatena.ne.jp


TVタックルの話。こういう話が出る度に僕は同じことを言ってますが、前にNHKでやってた「東京カワイイTV」で様々なギャル文化に触れてきた沢村一樹さんが最終回で言ってた『理解できなくていいんです。否定しなければ。』は本当に名言だと思う。


視力障害の先生の障害者の権利の講義を思い出す。
「もし私が知事になったら不要だから夜間の街灯を排除しますよ。電気代浮くし。皆さんは困るでしょう。私は困らない。皆さんの意見が通るのはつまるところ皆さん『健常者』が多数派だからに過ぎない。障害者問題はマイノリティ問題なんです」


日本人が人の前を横切る時に「すいませーん」って言いながら片手で空を切るのは「手刀を切る(HAND-SWORD)」と言いまして『刀の練習中なので多少の無礼を許せ』の意味です。日本人全員がNINJAかSAMURAIの末裔である名残で、鍛錬を常に欠かさないという掟を守っているのです。


これまでも画質の良さをうたったHDMIケーブルは数多くあった。しかし、多くのHDMI機器(ケーブル、AVアンプ、プロジェクター、テレビなど)をテストしてきた経験からいうと、HDMIの場合、ケーブルの違いは画質よりも音質に大きく作用する。HDMIケーブルによる画質の変化が分からないという人でも、音質となるとあまりに大きく変化するので驚く人が多い。

 ところが、HDMIケーブルの価格と音質は必ずしも比例しない。10万円近い超高級ケーブルなのに、音質がややキツめだったり、メーター数1000円の安物でも情報量が少ないまでもイヤな音がなくて聴きやすいといったことも経験したことがある。なぜなら音質を基準に導体や構造、端子部の設計を行った製品がなかったからだ。

 しかし、サエクコマースが7月下旬に発売する「SH-1010」と「SH-810」は「高音質HDMIケーブル」とうたうだけあって、音質の面でこれまでにないパフォーマンスを発揮するケーブルである。とくにSH-1010はやや地味な外見ながら、その音質は低域の立ち上がりが非常に高速でパンチがあり、開放的で明るい音がすること。そして高域の描写が実に滑らかで音場は豊か。多くの情報が濃密にスピーカーの間を埋めてくれる。力強さや開放感といった気持ちよさと、耳あたりの良い優しさの両面を兼ね備えたキャラクターだ。

 低価格版のSH-810も、SH-1010ほどの“濃さ”や豊かな表情は出てこないが、しかし高域のキツさやイガラっぽい音が抑えられ、聴きやすい音を出してくれる。両製品とも“音の質感”を高めるために作り込んだ、初めてのHDMIケーブルだ。

出典 itmedia.co.jp


駅前で「もう!言うこと聞きなさい◯◯ちゃん!座りなさい!座って!」って大声で怒ってるお母さんと駄々こねる子供、そして少し離れた場所で急におすわりをする全然関係ない人の犬。


tokyophotolife:

title:メイド労働組合
model:大空憂(Ui Ozora)
twitter:@ui_san_oo

出典 tokyophotolife


もう連載も終わって一年以上たつから言うけど、都条例うんぬんの時ですら、こじかは規制対象でも何でもなかったよ。ただ、まとめサイトの煽りを真に受ける人がとても多いんだなーと思いました。テレビもネットも、視聴率を稼ごうとするとああいう書き方するのね(´ε`)


nise3kawan:

シャーリー 2巻9月13 - 二次元裏@ふたば

出典 may.2chan.net